FC2ブログ

HGUC ブルーディスティニー1号機”EXAM” パチ組レビュー : その2 組み立て

RX_79BD_1_000.jpg
HGUC ブルーディスティニー1号機”EXAM”』パチ組みレビューです。
今日は足から全身までを組んでいきます~(。・ω・。)ノ

もしパーソナルカラーを設定するなら『黒*赤*銀』。どうも、しょぼんぬです。

大学時代に乗っていたバイク『HONDA シャドウ400』がその色だったんですよ。オレンジのラインが入ってるのがチャームポイント。
今はお勤め果たしてエンブレムだけになっていますが、後継機『HONDA シャドウ1100(白*紫)』が車庫に眠ってます。
本当に眠ってるだけですが…><
-----
---
-



では、レビューしていきますよ~。

・足~大腿部 パーツ群
RX_79BD_1_004.jpg
ソールに肉抜き穴がありますが、前後が別パーツになっているのが芸コマ。
アンクルアーマーが斬新な分割方法を採っていますね。これなら端に寄せてくれた方が良かったかな~。

脚部は巧みな分割で合わせ目が目立たないようになっています。
サーベルラック、追加スラスターも差し替えで展開できるという頑張りっぷり。

大腿部は前後のモナカ。ただ、ちょっとイジるだけで後ハメ出来るように設計されています。
親切!!


・足~大腿部 完成
RX_79BD_1_005.jpgRX_79BD_1_006.jpgRX_79BD_1_006b.jpg
爪先がスイング可動しますね。
足首はデザイン上そこまで動きませんが、まぁこんなモンでしょう。
PCを斜めに配置する事で可動域は広げられますが、アンクルアーマーに干渉するので微妙。

膝は素晴らしいですね。もう正座できるレベルで曲がりますね。
サーベルラック・追加スラスターは差し替えで展開が可能。漫画版のEXAM発動時はにゅっと伸びるみたいです。

大腿部も三重ロール軸なのでかなり広い可動域を誇ります。

足首△、膝◎、大腿部◎といった感じで非常に優秀。


・腰~胴体、バックパック部 パーツ群
RX_79BD_1_007.jpg
腰部は標準的なHGUC準拠。
ただ、フロントアーマーが切り離し前提の設計になっていたり、細かな色分け用パーツが付属したり…と地味にありがたい仕様。

腹部には関チラ(関節がちらりと見えるさま)防止用のパーツが付属。
これは地味にありがたいですね~。

胸部は左右に合わせ目が出てしまいますが許容範囲。
肩関節がPCではなくKPS製だったり…と色々配慮されています。

バックパックは成型色が全く違うのでNGポイントですね。
設定ではグレーなのですが、本体と同じ成型色です。


・腰~胴体、バックパック部 完成
RX_79BD_1_008.jpg
股下には3mm径の穴が開いているので各種スタンドが使用できます。
フロント・サイドアーマーは独立可動。リアは動きません。
サイドアーマーのマガジンは取り外し可。しかしマガジンをわざわざ専用色に塗装するなんて、連邦軍は暇ですね。

腰部と腹部、胸部は球状PCで接続。
腰部と腹部の間には関チラ防止用カバーがあり、胸部と腹部はZ(GEP)やバーザムで使われたタイプの接続法を使用します。
※胸部の接続部がポロリし易い上、取り付けにくいので注意。

肩関節基部はPCではなくKPA製のプラパーツ。塗装できるのでありがたいです。
跳ね上げ機構があるので、上方への可動域を広げてくれます

バックパックはメインスラスターは固定式。EXAM発動時には上の方のサブスラスターがぴょこっと出てきます。

腰部○、腹部○、肩関節基部◎といった感じ。


・肩~手首 パーツ群
RX_79BD_1_009.jpg
肩アーマーは合わせ目が目立ちにくい構成。

上腕部と肩用の関チラ防止パーツは一体成型なので合わせ目は無し。

前腕部は思いっきりど真ん中に合わせ目がきちゃいます。

手首の基部は円筒状のパーツを使用するのが斬新で面白いですね。


・肩~手首 完成
RX_79BD_1_010.jpg
肩は胴体側のサポートもあって(頭部が干渉しなければ)真上まで上げる事ができます。
肩にもEXAM発動時の展開ギミックが仕込まれていて、肩アーマーがニュンッって伸びます。

肘の可動域も素晴らしいですね。ほぼ180度曲がってくれます。
ジミヘンみたいなポーズでの射撃も出来ますよ!

手首も実質二重関節なので普段より表情付けができます。

腕部はいいですね!全部◎持ってけ!!って完成度。


・頭部 パーツ群
RX_79BD_1_011.jpg
まさかの二種類の頭部が付属。
分割自体は良好で、合わせ目が出るのは後頭部位でしょうか。

各パーツもご丁寧に2種類ずつあるので片方はEXAM発動時!みたいに組んでもいいかもしれません。


・頭部 完成
RX_79BD_1_012.jpgRX_79BD_1_012b.jpg
漫画版は良く知らないんですが、ゲーム版のは良いですね。
丸っこく横に潰れた様なフォルムにバイザー奥のつぶらな瞳がキュート。
なお赤くなったら途端に不気味になる模様…。

漫画版はツインアイに変更されていたり、右耳にアンテナが追加されていたり…とちょっとヒロイックになってます。


・武器等 パーツ群
RX_79BD_1_013.jpg
武器はシンプルですね。
100mmマシンガンと陸ガン系のシールド、サーベルのみ。

マシンガンは銃口とフォアグリップ、ストックが別パーツになったモナカ割。
シールドは合わせ目出ない良設計。余計な?とは言いませんが、何に使うんだろう?ってパーツがいくつかありますね。


・武器等 完成
RX_79BD_1_014.jpg
マシンガンはフォアグリップとストックが可動します。
シールドは例の『地面に置く用のギミック』が。


・素体 完成
RX_79BD_1_015.jpg
ゲーム版は通常の物、漫画版はEXAM発動時で撮影しました。

本体は陸ガンのそれですね。なにやら初めは陸ジム使ってたんですが、後から陸ガン貰ったんでEXAMシステム組み込んだ頭部を挿げ替えたって設定らしいです。

追加されたオパーイのマシンガンと脇ランチャーがチャームポイント。


・フル装備
RX_79BD_1_016.jpg
フルと言っても標準的な連邦の装備なので派手さは無し。
まぁEXAM発動したら格闘戦で無類の強さを発揮するんで、これでもいいんですかね。


・EXAM発動時の差異
RX_79BD_1_017.jpg
バイザーを赤い物に交換し、バックパックと脚部のスラスターを差し替え展開、肩アーマーを伸ばして発動時を再現。
肩アーマーはロック機構が無いので、ちょっと縮み易いのが難点。

メインカメラはシールでの再現なのでコンパチ不可。2機買えばいい話なんですが、ちょっと勿体ないですね…。


○アクション!
・通常時
ユウ君の操縦なのでややクレバーな感じを意識して…。

RX_79BD_1_018.jpg
RX_79BD_1_019.jpg
ジャンプや距離を詰めながらの射撃。
100mmマシンガンなので、小脇に抱えた様なポーズでもいい感じに決まります。


RX_79BD_1_020.jpg
シールドチャージでのけ反らせておいての斬撃。


RX_79BD_1_021.jpg
か~ら~の、飛び退き中に胸部グレネードで追い打ち!


RX_79BD_1_022.jpg
ジャンプ射撃をキャンセルしての切り払い。こう…ミサイルやらグレネードやらを迎撃するイメージで。



・EXAM発動時
EXAMシステム、スタンバイ!(マシンボイス) EXAMシステム、スタンバイ!(マシンボイス)

ニュータイプ絶対殺すMSらしく、防御無視なイメージで。
RX_79BD_1_023.jpg
ゲーム中では常時ブーストかかった状態なので『歩く』イメージがゼロ。
”〇〇地点へ移動”系のミッションで面倒くさかったなぁ…。


RX_79BD_1_024.jpg
そこぉ!的なアムロ撃ちも余裕でこなせる程の広い可動域が素敵ですね。


RX_79BD_1_025.jpg
ノーガードで突っ込みながら、オパーイマシンガンとかグレネード撃ってきそうなイメージ。


RX_79BD_1_026.jpgRX_79BD_1_027.jpg
ガードしてるじゃん!って?いいえ、これはシールド先端で殴る為です。


RX_79BD_1_029.jpg
肉薄して斬撃!EXAM機にここまで接近されたらもうアウトですね。
頭さえ潰せればどうにかなるんですけどね~。


RX_79BD_1_028.jpg
無論、追い打ちは欠かしません。
切りかかる前にグレネード撃っちゃってるんで、バルカンで丹念に蜂の巣にします。

やるんなら徹底的に、だ!!


総評※しょぼんぬの主観です
満足度 80点/100点
(組み易さ:◎ プロポーション:○ 可動域:◎ 色分け:○ ボリューム:△)

非常に組み易く、可動域も過去最高レベルに良かった(足首以外)のでオススメのキットですね。
惜しむらくは成型色の関係でゲート跡が白化しやすいので、初心者向きではないという事。

まぁ、その不満もBD3号機なら全てクリアできるんですけどね!!
だからバンダイさん、早く2-3号機も発売してください!
また期間が開いて、せっかくリリースされたのに何かガッカリするのは御免ですよ。
プラモ・模型ブログランキング


関連記事

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

tag : ガンプラ HGUC 戦慄のブルー ブルーディスティニー1号機”EXAM” レビュー完成

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しょぼんぬ

Author:しょぼんぬ
長崎県在住の量産機大好きなR36モデラー
模型サークル【チームちゃんぽん】のメンバー

職業:とある車校のジム(凸)

ガンプラレビューを中心としたブログです。
HGをメインに戦車やら何やら気になるキットを組んでいきます。
※12-6月の間は活動が鈍ります(´・ω・`)


リンクフリーで相互リンクも募集中ですよ~。
足跡たどってリンク貼ってあったらこちらもリンク追加しますし、ご希望の方はコメント欄等に書き込んでください(´・ω・)ノシ

訪問者数
検索フォーム
カテゴリ
☆印のカテゴリには 製作レビューがあります
最新コメント
つぶやき
リンク
プレミアムバンダイ
logo_kon.png
QRコード
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
18位
アクセスランキングを見る>>
完成品
完成品置き場はこちら(´・ω・`)
また…失敗か…(´・ω・`)