FC2ブログ

HG マックナイフ(マスク専用機) パチ組レビュー : その2 組み立て

CAMS_05_000.jpg
HG マックナイフ (マスク専用機)』パチ組みレビューです。

今日は足から頭部までを組んでいきますよ~(。・ω・。)ノ


-----
---
-



では、レビューしていきますよ~。

・足~大腿部 パーツ群
CAMS_05_004.jpg
脚部はほぼモナカ割。
ライディングギアは片側に合わせ目を寄せてくれているので助かります。

膝?は一体成型のカバー状パーツがあります。

大腿部もモナカで関節部を挟み込み為、後ハメ加工が必要です。

このキットは関節を組み付ける順番も重要なので、後ハメ加工よりもマスキングの方がいいかもしれませんね~。


・足~大腿部 完成
CAMS_05_005.jpgCAMS_05_006.jpg
アイキャッチの変な踊りの様によく動きます。
脚部に関しては鉄血系MSが一番だと思ったのですが、思わぬ伏兵がいましましたね…。

足首?は90度程開きます。

膝は90度程しか曲がりませんが、股関節の球体関節を上手く使う事で様々な表現が可能となっています。

大腿部の球体関節がこのキットのキモですね。
基部の方向を変更する事で、縦にも横にも広い可動域を実現しています。

足首:△、膝:△、大腿部:◎という感じですが、大腿部の可動と組み合わせる事で膝の可動域の狭さをカバーしています。


・腰~胴体部 パーツ群
CAMS_05_007.jpg
こちらも独特な設計ですね…。

腰部は前後のモナカ割にフォトン・ボム発射管のカバーを取り付ける方式。
ここのパーツの合いが微妙な感じで、ポーズを付けている際にポロポロ外れてストレス溜まりますね。

腹部は前後のモナカ。左右にガッツリ合わせ目が出ますので、しっかり処理したいところ。

胸部も前後のモナカ。肩上部や脇腹に合わせ目が露出します。
普通のHGでは肩とかに使用するパーツで腹部と接続しています。


・腰~胴体部 完成
CAMS_05_008.jpg
腰部はフォトン・ボム発射管カバーが開閉するのみで特にギミックは無し。
このカバー、合いが悪いのがピッタリ止まってくれないので気持ち悪いですね…。

腰部と腹部はロールはするものの、捻る動きはほぼ不可能。

腹部と胸部を繋ぐPCが"肩の引出式関節"に使用するPCなので、柔軟な可動域を誇ります。
特に胸を反る動きは得意ですね。※その際PCが露出するので注意!


・肩~手首 パーツ群
CAMS_05_009.jpg
ここもビックリする位モナカ割。

関節パーツは肩だけで、手首・前腕・上腕は各々を挟み込んで関節を構築します。


・肩~手首 完成
CAMS_05_010.jpgCAMS_05_011.jpg
そんな構成だから可動域狭いだろうな…と思っていたらいい意味で裏切られました。

ここのキーも肩の球体関節ですね!
関節基部の方向を変える事で異次元の可動域を実現しています。

肘自体は90度位しか曲がりません。

手首も横方向に100度スイングする程度ですね。

肩:◎、肘:△、手首:△といった感じなのですが、肩と組み合わせる事で柔軟な腕の動きを表現できます。


・頭部 パーツ群
CAMS_05_012.jpg
頭部はかなり小さめなのですが、パーツの分割はしっかりしていますね。
目はシールで再現するみたいです。


・頭部 完成
CAMS_05_013.jpg
ガンダムシリーズとしてはかなり特殊な頭部。
お目目パッチリで別シリーズの主役機です!と言われても信じるレベルです。


・バックパック等 パーツ群
CAMS_05_014.jpg
手持ちの武器は無し!!

バックパックは通常の物と、長距離移動用ブースター付の物が付属。
増槽はモナカ割ですが、バーニア内部等は別パーツ。

フォトン・ボムは一体成型の物が2つ付属します。


・バックパック等 完成

通常の物は可動部なし。
中央にオプション追加用の3mm穴があるので、各種スタンドを使用できます。
※奥まった所にあるので取付部が細い物が望ましい。

長距離移動用ブースターは通常のバックパックに被せる方式で装着。
ブースターがスイング可動しますね。
こちらにも巧みにカバーで隠された3mm穴があるので各種スタンドが使用可能です。

※マックナイフには専用のスタンドが付属します。


・素体 完成
CAMS_05_016.jpg
CAから"お人形さん"と揶揄されるのも納得の可愛さ。
全体的に小さく細身ですし、お目目はクリックリだししょうがないですね。

しょぼんぬ的には別作品の主役機に使えば良かったのに…と思う位、好きな造形ですね。
凄くスポーティ!。

このスタンドがマックナイフ専用スタンドですね。
基部はGセルフとかについて来たのと変わらないのですが、股間用のアタッチメントとアームが新造されています。


・フル装備
CAMS_05_017.jpg
長距離移動用ブースターを装備した状態ですね。
こちらはブースター背面にある3mm穴に市販のスタンドを接続しています。

この方が浮いたポーズを取らせやすいんですよね~。


○アクション
・飛行形態
CAMS_05_018.jpg
CAMS_05_019.jpg
ガンダム史上屈指のカッコ悪さを誇る飛行形態がこちら。
一応、全面投影面積は減ってるので被弾率は下がるんでしょうが…これでは主兵装使えないですね。



・フォトン・ボム
CAMS_05_020.jpg
おハゲの狂気が凝縮された素敵武装。
おまたにある二つの穴から棒状の物をひり出して発射するぶっ飛び具合…(・ω・;)

ちなみにフォトンボム自体は非常に優秀な兵器なんですよね。
高性能光学センサーで敵を"視認"して追跡するスマートボムなので、ミノフスキー散布下でも長距離誘導攻撃が行えます。

しかもフォトンバッテリー自体を発射するという最高に贅沢な仕様。


・格闘
CAMS_05_021.jpg
マックナイフは内蔵兵器での近接戦闘を行う機体なので、手持ちの武器は無し!!
両手にはプラズマクロウと呼ばれる近接攻撃用の武器が仕込まれています。
MSを素手で引き千切っていたのでかなり高出力な武器っぽいですね。


・回し蹴り
CAMS_05_022.jpg
回し蹴りで直接打撃を与える事もしばしば。
この時、指先のビームバルカンをばら撒きながら移動するので乱戦時は非常に得意なのだとか。

モンハンの太刀厨みたいですね。


・飛び蹴り
CAMS_05_023.jpg
CAMS_05_025.jpg
こちらも頻繁に行っていた攻撃法。
キックついでにグレネードを撃ちこんでましたね。

脚部内側に2門あって、膝裏のカートリッジから給弾してるのだとか…。


・カンフースタイル
CAMS_05_024.jpg
非常に格闘能力と運動性が高い為、近接戦闘時に懐に入られたらかなり厄介な相手でしょうね。
どんな体勢からでも中距離攻撃できるのも面倒くさいですね。


・格納形態
CAMS_05_026.jpg
「どうした?辛い事でもあったのか?先生に話してみな?」と語りかけたくなる格納形態。
確かに収納スペースは小さくなるだろうけど、整備やり辛くないのかな?



総評※しょぼんぬの主観です
満足度 80点/100点(アクションが楽しすぎて+10)
(組み易さ:△ プロポーション:◎ 可動域:◎ 色分け:○ ボリューム:×)


これまた随分前に購入して放置されていた物だったのですが、組んでみたら滅茶苦茶楽しいキットでしたね!
いい意味でガンプラらしくない関節で、予想外の動きをしてくれるのでポーズやら何やら考えながら撮影するだけで2-3時間は潰れちゃいました。

ガッツリ合わせ目消し&塗装をすると難易度が跳ね上がるキットなので、今は放置しておきましょう…。
さぁ、次は可愛いのを組んでいきますよ~。
プラモ・模型ブログランキング



関連記事

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

tag : ガンプラ HG Gのレコンギスタ マックナイフ レビュー レビュー完成

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しょぼんぬ

Author:しょぼんぬ
長崎県在住の量産機大好きなR36モデラー
模型サークル【チームちゃんぽん】のメンバー

職業:とある車校のジム(凸)

ガンプラレビューを中心としたブログです。
HGをメインに戦車やら何やら気になるキットを組んでいきます。
※12-6月の間は活動が鈍ります(´・ω・`)


リンクフリーで相互リンクも募集中ですよ~。
足跡たどってリンク貼ってあったらこちらもリンク追加しますし、ご希望の方はコメント欄等に書き込んでください(´・ω・)ノシ

訪問者数
検索フォーム
カテゴリ
☆印のカテゴリには 製作レビューがあります
最新コメント
つぶやき
リンク
プレミアムバンダイ
logo_kon.png
QRコード
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
27位
アクセスランキングを見る>>
完成品
完成品置き場はこちら(´・ω・`)
また…失敗か…(´・ω・`)