FC2ブログ

HGUC ゼータプラス(ユニコーンVer.) パチ組レビュー : その3 WR形態

MSZ-006A1_UC_000
HGUC ゼータプラス (ユニコーンVer.)』のパチ組レビューです。
今日はWR形態を組んでいきます~(。・ω・。)ノ

一番好きな『潜水母艦』は『伊号第四〇一潜水艦』。どうも、しょぼんぬです。

潜水艦なのに空母?と首を傾げる人も居るかと思いますが、当然でしょうね。

何せ、第二次世界大戦中に『無補給で地球を1周半できる航続距離』を誇り、通常の潜水艦が一本の耐圧筒をベースに造られているのですが、それを2本使用している為『潜水艦なのに隣部屋があり』、そのお陰で『潜水艦なのに水上機・晴嵐を三機搭載できる』という日本が誇る変態兵器なのですから!!

終戦直前の佐世保で進水し、実戦経験は無いまま終戦を迎えたのですが、その設計・運用思想の意味不明さの為アメリカに持ち帰られて徹底研究の後、他国にデータが渡らないように標的艦として真珠湾に沈められました。

運用思想としてはそれまでの『対艦攻撃用』ではなく、『深く、静かに敵陣へ侵入し、航空爆撃で打撃を与える』という画期的な物でした。
現代の『攻撃型原潜+巡航ミサイル』の先駆けともいえるもので、日本の変態性の評価は、今も昔も日本人はイッちゃってるよ、アイツラ未来に生きてんな。ですね。

-----
---
-


さて、ではWR形態をレビューしていきます~。

・可変用差し替えパーツ群
MSZ-006A1_UC_025.jpg
肩は外側から見える方だけで、内側の外装は無し。
胸部はMS形態時とパーツの分割方式が異なり、合わせ目が目立たないのがありがたいですね。


・可変用差し替えパーツ
MSZ-006A1_UC_026.jpg
胸・肩部の外装をを展開したものを、フレームに取り付けていく方式。
股関節に該当する部分には3mm径のPCが仕込まれており、各種スタンドが使用可能です。


・差し替えパーツと余剰パーツ
MSZ-006A1_UC_027.jpg
MSZ-006A1_UC_028.jpg
可変用パーツに腕・腰部アーマー・脚部・テールスタビライザー・ウイングバインダー・シールドを組み付けていき、ウェイブライダー形態へと変形します。

MS形態は完全にダルマ。
ここまで思い切ったのなら、もう少し細部こだわって欲しかったですね~(´・ω・`)


・WR形態 完成
MSZ-006A1_UC_029.jpg
MSZ-006A1_UC_030.jpg

『HGUC Zガンダム』に比べればやや厚みがありますが、グレーな機体色のせいか非常にカッコいいですね!!
ライフルは左右翼下部とテールスタビライザー基部上部の三か所に取付が可能です。

う~ん…ミサイル取り付けたい!!(`・ω・´)

残念ながらライディングギアはありませんので、ディスプレイする時はアクションベース等のスタンドが必要になってきます。
また、肩関節基部がWR形態でも前方・側方から丸見えでちょっと見栄えが良くないです。


さて、作中での扱いは微妙&誤設計+成型不良と難儀なMSでしたが、デザイン自体はかっこいいので、金型の調整が終わった頃にもう1~2機欲しいキットですね~(*´ω`*)

さて、次は『レジェンドBB FAナイトガンダム』ですかね~
プラモ・模型ブログランキング


関連記事

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

tag : ガンプラ HGUC ゼータプラスA1 レビュー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しょぼんぬ

Author:しょぼんぬ
長崎県在住の量産機大好きなR36モデラー
模型サークル【チームちゃんぽん】のメンバー

職業:とある車校のジム(凸)

ガンプラレビューを中心としたブログです。
HGをメインに戦車やら何やら気になるキットを組んでいきます。
※12-6月の間は活動が鈍ります(´・ω・`)


リンクフリーで相互リンクも募集中ですよ~。
足跡たどってリンク貼ってあったらこちらもリンク追加しますし、ご希望の方はコメント欄等に書き込んでください(´・ω・)ノシ

訪問者数
検索フォーム
カテゴリ
☆印のカテゴリには 製作レビューがあります
最新コメント
つぶやき
リンク
プレミアムバンダイ
logo_kon.png
QRコード
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
18位
アクセスランキングを見る>>
完成品
完成品置き場はこちら(´・ω・`)
また…失敗か…(´・ω・`)