FC2ブログ

HGUC ゼータプラス(ユニコーンVer.) パチ組レビュー : その2 足~頭部(MS形態)まで

MSZ-006A1_UC_000
HGUC ゼータプラス (ユニコーンVer.)』のパチ組レビューです。
今日は足から頭部までの全身(MS)を組んでいきます~(。・ω・。)ノ

一番好きな『日本帝国海軍 艦上戦闘機』は『零式艦上戦闘機 五二型』。どうも、しょぼんぬです。

大学時代、先輩から「遠足行くから高尾山口集合な!!」と言われて集まった『遠足』のゴールがまさかの靖国神社Σ(・ω・ノ)ノ

約50km程を完徹で歩破(スポーツサンダル装備)してフラッフラだった時、涼を求めて入った遊就館で出会ったのが『零式艦上戦闘機 五二型』。

その時はあまり興味も無かったのですが、大学が大学だったので、ゼミや資料の拝観に何度か靖国を訪れ、プラモ組んだりしているうちにお気に入りの機体になって行きました。

ここに展示されているのはラバウルで回収された数少ない実機だそうで、一見の価値があります。
また、遊就館は日本における最初で最古の軍事博物館であり、刀や鎧、兵器関連では『97式中戦車』や『89式加農砲』、『彗星』、『回天』、『桜花』、特攻隊隊員の手紙や辞世の句なども展示されているので、東京に行った際は訪れてみてもいいかもしれませんね。

何か最近は参拝しただけで叩かれるようになって残念至極ですが…(´・ω・`)

-----
---
-



では、組んでいきますよ~

・足~大腿部 パーツ群
MSZ-006A1_UC_006.jpg
ソールは肉抜き穴も無く、合わせ目も目立たない構成なのがありがたいですね。

脚部は膝関節をエンジンブロックを兼ねたフレームで挟み込み、外装を取り付ける方式。
外装は前後に分割され、段落ちモールド処理がされている為、赤×白や青×白への塗装の便も良さそう。
スラスターの取付の際、グラつく場合があるのでヤスリ過ぎ注意です。

大腿部は予想していたロール機構がなかったのが残念でしたが、このキットは結構股関節動くので要らなかったかもですね。
単純な前後分割ですが、膝関節を挟み込む必要が有る為、後ハメが必要かもしれませんね。

大腿部上部にはビームガンを取り付けるピンが。基部は可動しません。


・足~大腿部 完成
MSZ-006A1_UC_007.jpgMSZ-006A1_UC_008.jpg
足首の可動は非常に良好。
前後は変形の関係で動くのはわかるんですが、左右にも良く動きます。

膝関節も変形の関係上非常に良く動き、180度(正座可)もの可動域を誇ります。
また、鳥脚にもなりますのでポーズをとる際には注意が必要です。

大腿部はBJでの接続ですが、スリムな脚のおかげで『爪先を開く』性能は良好です。
しかし、ビームガンのせいで開脚性能はやや悪いですね。
この状態ではビームガンが取り付けられていないので、実際はこれより悪くなります。


・腰~胴体部 パーツ群
MSZ-006A1_UC_009.jpg
腰部は例の『誤設計パーツ』が使用されています。
フロントアーマーも無いので至ってシンプルな構造です。

胴体は変形の為、差し替え可能なパーツ構成で、合わせ目は胸部下部側面にだけ露出します。


・腰~胴体部 完成
MSZ-006A1_UC_010.jpg
MSZ-006A1_UC_011.jpg
腰部はリアアーマーが可動し、股下には3mm径の穴がある為各種フライングベースを使用できます。
腰の可動は腹部が干渉して全く動きません。

腹部は二重関節になっており、引き出せば上下・体側の可動は出来るのですが、コックピットハッチが邪魔で左右のスイング可動域はほんのわずか。


・肩~手部 パーツ群
MSZ-006A1_UC_012.jpg
肩は合わせ目が片側に寄っているのでそのままモールド扱いで処理が可能ですが、やや外れやすいので接着した方が良いかもしれません。
幸い、挟み込みパーツは肩側面のアーマー基部だけで、胴体部への接続軸等は接着後も取り外し自由です。

上腕部は円柱パーツの一体成型で合わせ目は出ず。

前腕部はガッツリど真ん中に合わせ目が来ます。
これまでの技術の蓄積は何だったのよ…。
まぁ、大きなギミックも後ハメの必要も無いのでさっさと接着してしまえばいいんですが、なんかガッカリ(´・ω・`)

マニュピレータは左右サーベル持ち手、右武器持ち手が付属。

・肩~手部 完成
MSZ-006A1_UC_013.jpgMSZ-006A1_UC_014.jpg
肩は変形時にWR用に差し替える必要がある為、胴体との接続軸に差し込み固定する方式。
肩アーマーは胴体側上部を起点に上方に跳ね上がる為、腕部の可動を妨げません。
また、サイドアーマーが可動しますので、本来は画像の様に跳ね上げる必要はないかもしれませんね~。

肩関節は水平近くまで上がり、ロール軸での接続ですが前後へも多少振る事が出来ます。

肘関節は90~100°程度は曲がります。
ただ、肘関節部は肉抜き穴があり、肘を曲げるとちらっと見えるので出来れば埋めたいところですね。


・バックパック等 パーツ群
MSZ-006A1_UC_015.jpg
ウイングバインダーはモナカ割の『手羽元』で一体成型の『手羽先』を挟み込む方式。
後ハメに関しては、いつもの『Uの字切り欠き』で対処可能なので、手羽元部はサクッと接着して良いですね。

テールスタビライザーは上下のモナカ割ですが、ここも段落ちモールド処理がされているので接着不要です。
スタビライザー基部はテールスタビライザーを接着しないのであれば、接着してしまってもOK。


・バックパック等 完成
MSZ-006A1_UC_016.jpgMSZ-006A1_UC_017.jpg
テールスタビライザーは基部から可動するので、その名の通り『尻尾』の様にぶら下げる事も可能。
『AMBAC』用の追加可動肢としての役割もあるのですが、本来はWR形態時の安定装置です。

ウイングバインダーは翼が展開するのですが、取り付け基部は殆ど動きません。
※わずかに前傾させる事ができる程度。


・頭部 パーツ群
MSZ-006A1_UC_018.jpg

ここには『成型不良パーツ』が使用されています。

シンプルに前後分割のメットと、フェイス兼BJ受け、アンテナのみの構成。
フェイスは非常にイケメンで、流石Z系といった所。

合わせ目が結構目立つので、何とか後ハメ加工して対処したいところ。

・頭部 完成
MSZ-006A1_UC_019.jpg
前後に長い特徴的なメットを再現。

アンテナは無可動の物が1つだけ付属。
形状の関係か、フラッグは無いですね。

しょぼんぬ的にはクチバシをもう少し尖らせたり、頭部をもう少し前後に伸ばしたいですかね~。

腕があれば!!

MSZ-006A1_UC_020.jpg
バルカン砲口のちょっと下あたりの、変にエグれているのが件の『不良成型パーツ』です。

ここ以外にも全体的にバリが多かったり、離型剤が多過ぎるのか、梨地状になっているパーツが散見されたりと、どうしたバンダイ!!といった感じのキットですね。

・武器等 パーツ群
MSZ-006A1_UC_021.jpg
ビームガンは結構豪華な4パーツ構成。
左右外装の上からカバーパーツをハメ込む為、合わせ目は比較的目立ちません。
マズルが別パーツなのも地味にありがたいですね。

ビームライフルはモナカ割とマズルが別パーツ。
ただ、このマズル取付軸は物凄く細い上、ピンも短いのでちょっとした衝撃でポッキリ逝っちゃいそう。
出来ればシンチュウ線等に替えるなりなんなりした方が精神衛生上良さそうです。
グリップは折り畳み式なので、後ハメするなら『Uの字切り欠き』で対処可能。

サーベルはややボッタリした感じ。
また、サーベル刃は短い物しか付属しないので少し見栄えが良くないですね。

シールドは機首の脇に合わせ目が出る位で、後は問題なし。
裏面にもしっかりモールドがあるのも好印象。

・武器等 完成
MSZ-006A1_UC_022.jpg
ライフル、ビームガン共にパイプ状のモールドがあるのですが、本体と一体成型されています。
ここを抜ければ見栄えが良くなると思うんですが…パイプに置き換えた方が早いかな?

ビームガンは腰の装着部から90度程前方に振る事が出来ますが、左右への展開については干渉がありそこまで大きく動かせません。

サーベルは本来、ビームガンに収納されていますが、今回はオミット。

シールドはMGにあった様なピトー管のモールドもあるので結構芸コマ。

・素体 完成
MSZ-006A1_UC_023.jpg
え?サフ吹いたの?って位全身グレーな機体なのですが、不思議とカッコいいんですよね。

しょぼんぬが子供の頃、数あるSDガンダムの中から何故か『ゼータプラス』を選んだので、琴線に触れる何かがあるんでしょうね~(*´ω`*)

色はグレーや赤*白、青*白、各色のスプリッター迷彩版等、結構種類があるので色々試してみてもいいかもしれませんね。

・フル装備
MSZ-006A1_UC_024.jpg
A1は大気圏用という設定なので、C1の様なレドーム付のスマートガンは付属しないので装備品としてはシンプル。

ただ、もうすぐ『ビルダーズパーツ システムウェポン008』が発売(H26.08.23)されるので、それを持たせてみても似合うかもしれないですね~(*´ω`*)


以上、MS形態までのレビューでした。

設計ミスとかだけならわかるんですケド、全体的にバリが多く、表面が梨地になってたり、グレーの成型色も相まって「あれ?これ零戦組んでるのかな?」と勘違いしそうな位に金型の設計・管理が悪いキットでしたね。

せっかく可動域もプロポーションもいいのに残念!!

まぁ、第二ロットはバンダイの威信をかけて改修してくると思うので、購入はそれまで控えた方が良いかもしれませんね~。
ランナー構成上『HGUC ZプラスC1』とかも出ると思うので、複数買いしても問題ないキットだと思います。

しょぼんぬももう一機買って『零式艦上戦闘機 五二型』っぽいカラーに塗ってみようかな~と思ったり…(*ノωノ)キャッ

プラモ・模型ブログランキング


関連記事

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

tag : ガンプラ HGUC レビュー Zプラス(UC)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しょぼんぬ

Author:しょぼんぬ
長崎県在住の量産機大好きなR36モデラー
模型サークル【チームちゃんぽん】のメンバー

職業:とある車校のジム(凸)

ガンプラレビューを中心としたブログです。
HGをメインに戦車やら何やら気になるキットを組んでいきます。
※12-6月の間は活動が鈍ります(´・ω・`)


リンクフリーで相互リンクも募集中ですよ~。
足跡たどってリンク貼ってあったらこちらもリンク追加しますし、ご希望の方はコメント欄等に書き込んでください(´・ω・)ノシ

訪問者数
検索フォーム
カテゴリ
☆印のカテゴリには 製作レビューがあります
最新コメント
つぶやき
リンク
プレミアムバンダイ
logo_kon.png
QRコード
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
18位
アクセスランキングを見る>>
完成品
完成品置き場はこちら(´・ω・`)
また…失敗か…(´・ω・`)