FC2ブログ

HGUC V2ガンダム パチ組レビュー : その2 組み立て

LM314V21_000.jpg
HGUC V2ガンダム』パチ組レビューです。
今日は足から全身までを組んでいきます~(。・ω・。)ノ

好きな速度は『亜光速』。どうも、しょぼんぬです。

いいですよね『亜』。しょぼんぬがこの言葉を認識したのは『トップを狙え!!』でした。

光速に近づけば近づく程、時間の流れが遅くなる『ウラシマ効果』や光ですら抜け出せなくなるブラックホールや『事象の地平面=シュバルツシルト半径』の事、天才と呼ばれるお姉さまでも、人の見えない所で『鉄下駄を履いてトレーニングする事が必要である』事。

『トップを狙え!!』ではSFに関する色々な事を、子供ながら学びましたね~(間違った知識も多いみたいですが…)

「1秒間に地球を7回半回る速さ」が光速なのですが、質量を持った物質ではそこまでは届かないのだと、昔の偉い人は行ってるみたいですね。

なんかV2のミノフスキードライブは推進剤が不要で、推進剤による重量増加や推進剤切れによる加速時間の制限が存在せず、機体のエネルギーが続く限り無制限に加速が出来る為、理論上は亜光速まで加速が可能なんだそうです。

地球から木星までの距離が大体『35光分』なので、光速でならたった35分で『ヘリウム3』の運搬もできます!!
※亜光速まで加速する為の時間と、航路の半分を超えたら延々減速を行わないといけないので、実際はもっと時間かかるらしいですケド…

これならドゥカチもヘソ曲げないねΣd=(・ω-`)

でも……ガンダム世界で亜光速とか完全にオーバースペックですよね~(´・ω・)
-----
---
-


では、レビューを行っていきます~

・足~大腿部 パーツ群
LM314V21_010.jpg
足裏には肉抜き穴がありますが、土踏まずの部分に可動軸が有るので空中戦時のポージングが映えるので良いですね。

アンクルアーマー(左右後)はアキレス腱での接続なので、足首可動にはそこまで影響を与えないです。

スネパーツは真ん中に合わせ目が出ますので、アンクルアーマー(前)の後ハメ加工か塗り分けが必要です。
膝関節は後から差し込める構造なのでありがたいですね~。

大腿部は『HGUC Vガンダム』の様な円筒パーツ+ロール軸関節の組み合わせ。
見た目はやや悪くなりますが、MGの様に関節ガッチガチで動かない状態よりはこちらの方が良いかもしれないですね。


・足~大腿部 完成
LM314V21_011.jpg
足首は前後の動きは問題なく、左右の動きが若干悪い位です。
デザイン上しょうがない所なんですケドね…

膝関節は非常に良好。
基本的に『オールガンダムプロジェクト』始動後は、『可動域と組み易さ、組み換え易さ』に主眼が置かれているみたいで、代わりに『共有部品使用による、デザインの再現性の低下』が見られますね。

大腿部は大きくロールさせるとデザインが崩れるのが残念。
でも、ここ固定したら微動だにしないからなぁ~。

下半身の可動は足首〇、膝◎、大腿部(ロール)△(可動域は良いが見た目が悪くなる為)、といった感じ。


・腰~胴体 パーツ群
LM314V21_012.jpg
股関節は『オールガンダムプロジェクト』以降のスタンダードな物。

フロントアーマーは非常に肉厚で、裏にトラスフレームがあります。
が、結局肉抜き穴なので埋めるかどうかしたいですね。
左右切り離しで独立可動できるので、一手間かかりますがオススメ工作です。

サイド、リアアーマーはガッツリ肉抜き穴が。
流石にここは埋めたいですが、パテじゃ穴が大きすぎるのでプラ板工作かな~。

胴体は複雑な作りで色を補完し合っています。
胸部前面だけで4パーツ使うので、強度が不安ですね。


・腰~胴体 完成
LM314V21_013.jpg
LM314V21_014.jpg
デザイン上、大腿部の鼠蹊部側に開口部を取る事が出来ないので、開脚性能はあまり高くありません。
しかも股関節の位置が低いので、開脚時に違和感を感じてしまいます。

腰部~腹部~胸部は各々ボールジョイントで接続されており、可動域は良好ですが、やや外れやすいです。

体側面の合わせ目は、巧みなパーツ分割で目立たなくなっています。
シブいねぇ…まったくおたくシブいぜ!!


・肩~手部 パーツ群
LM314V21_015.jpg
肩はモナカ割で、肩関節パーツを挟み込む必要があるので、どうしたものか…。
コ型に切り欠いて後ハメ余裕だケド、これ強度と保持力落ちるかな~?

上腕部は円筒パーツで合わせ目が出ない設計。

肘は他のMSにはあまり無かった構造で、肉厚な関節ブロックにロール軸を仕込む感じ。
合わせ目…というか、フタの境目が目立つので処理(パテ埋め?)が必要かな~?

前腕部は凝った作り。
外装部パーツにビームシールド発振器、手首パーツを挟み込む形なので、合わせ目は少しだけ。

手は…例のグー。う~ん…もう200円位の値上げは許容するから手首付けてくれないかな~?(´・ω・`)


・肩~手部 完成
LM314V21_016.jpg
肩の可動は引出BJとアーマーからの可動軸付フレームのお陰で良好。

肘はデザイン上やや狭いですね。約110度程?
その代りに、前腕の下半分の所に可動軸が仕込まれているので、そこと併せればトータルの可動域は良好ですね。

手首はいつも通り。そしてデザインもいつも通り。
ある意味BB戦士より酷い見た目なので、せめていい握り手位は欲しいですね~(´・ω・`)

可動としては肩〇、肘△(前腕と併せれば〇)、手首△といった所。


・ビームシールド展開
LM314V21_017.jpg
肘の赤いパーツの先端を外してビームシールドを挟み込んで固定する方式。
光が透けてボディを赤く染めるのがそれっぽくていい感じ。


・ミノフスキードライブ パーツ群
LM314V21_018.jpg
ミノフスキードライブは結構シンプルなスタイル。
黄色いパーツでカバーできる範囲以外はガッツリ合わせ目がせるので、ここはちゃんと処理したい所。

裏面の噴射口は合わせ目が片側に寄せられているので助かります。


・ミノフスキードライブ 完成
LM314V21_019.jpg
LM314V21_020.jpgLM314V21_021.jpg
ミノフスキードライブは下の白いパーツが開閉し、BJとロールジョイントで結構フレキシブルに動きます。
可動域は左右には約160度、上下に70度くらい。

また、白いパーツを開いた奥には『何かをはめ込む穴』があるので、ひょっとしたらプレバン辺りで『光の翼』が発売されるのかもしれないですね~。

しょぼんぬ的には『HGUC V2ガンダム』には光の翼をつけて、『HGUC V2アサルトバスター』には付属しないって感じだと良かったんですケドね~(´・ω・`)


・武器等 パーツ群
LM314V21_022.jpg
ビームライフルは新規造形で、グレネードランチャーも取り付けられます。
その他のサーベルやシールドは『HGUC Vガンダム』と同じものが付属。


・武器等 完成
LM314V21_023.jpg
ライフル、サーベルともに大きなギミックはなし。

グレネードランチャーは取り外し可ですが、塗装後は塗装面の削れ防止策が必要ですね~。


・頭部 パーツ群
LM314V21_024.jpg
V2の特徴的なアンテナもきっちり再現。
アンテナの予備もないので、丁寧に処理していきたいですね。

合わせ目は結構ガッツリ出るので、しっかり消したい所。


・頭部 完成(四面図)
LM314V21_025.jpg
細かいモールドが入っているので、小さいながら非常に情報量が多い頭部。
スミイレするだけで映えると思うのですが、バルカン砲口やインテークのグレー部の色分けがされていないので、塗り分けたいですね。

アンテナピンの削り落としでシャープ化したら映えると思うので、やってみたいな~。


・コアファイター パーツ群
LM314V21_027.jpg
キャノピーなどがクリアパーツじゃないのはしょうがないですが、機首以外には合わせ目が目立たない設計で好印象。

また、『HGUC Vガンダム』のコアファイターには付属しなかった『アクションベース固定用アタッチメント』が付いてくるのが地味に嬉しいですね~ヽ(*´∀`*)ノ


・コアファイター 完成
【斜めから】
LM314V21_028.jpgLM314V21_029.jpg
『ミノフスキードライブユニット』の影響で、独特なシルエットのコアファイター。

「もうこれ大気圏飛行無理なんじゃないかな?」と思う位、飛行機の記号がありません。


【四面図】
LM314V21_030.jpg
正面から見るとビックリするくらい幅が狭いですね。
ここまでコンパクトなのは『ADVANCE OF Ζ』の『プリムローズ』位じゃないかな?


【表裏】
LM314V21_031.jpg
頭部も無いので、全く武装が無いです。

このコアファイターがV2の心臓部であり『V2を二機運用できる』という最大のメリットを、『アドラステアの最も硬いタイヤの部分に特攻』かまして喪失させたオリファーさんマジ戦犯。

せめてブリッジに突っ込もうよ…(´・ω・`)


・全身完成
LM314V21_026.jpg
Vガンダムと比べるとかなりマッシヴなフォルムになったV2。

最大の特徴である『ミノフスキードライブユニット』もぐりぐり動き、各種ポージングで映えます。

Vより可動域は少なくなりましたが、それを補って余りある『余裕』というか『ドッシリ館』があるのでカッコいいですね。

各部のハードポイントも拡張性があるので、『アサルトパーツ』と『バスターパーツ』の装着もできそうです。
それらのキットの発売も期待ですね!!

コング『大統領でもブン殴ってみせらぁ!!…でもプレバンだけは勘弁な(´・ω・`)



さて、『HGUC Vガンダム』~『HGUC V2ガンダム』を組んできましたが、『1/144の15m級MS』の完成度がどんどん上がっていくのがリアルタイムで感じられるキットでした。

汎用性と組み換え易さを維持し、独特なデザインにも対応するバンダイの技術力恐るべし!!

この調子で『HGUC デナンゾン』を何卒!!何卒!!(人>ω<*)

次回はターンエーの風が吹きます。
プラモ・模型ブログランキング




関連記事

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

tag : ガンプラ HGUC V2ガンダム レビュー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しょぼんぬ

Author:しょぼんぬ
長崎県在住の量産機大好きなR36モデラー
模型サークル【チームちゃんぽん】のメンバー

職業:とある車校のジム(凸)

ガンプラレビューを中心としたブログです。
HGをメインに戦車やら何やら気になるキットを組んでいきます。
※12-6月の間は活動が鈍ります(´・ω・`)


リンクフリーで相互リンクも募集中ですよ~。
足跡たどってリンク貼ってあったらこちらもリンク追加しますし、ご希望の方はコメント欄等に書き込んでください(´・ω・)ノシ

訪問者数
検索フォーム
カテゴリ
☆印のカテゴリには 製作レビューがあります
最新コメント
つぶやき
リンク
プレミアムバンダイ
logo_kon.png
QRコード
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
22位
アクセスランキングを見る>>
完成品
完成品置き場はこちら(´・ω・`)
また…失敗か…(´・ω・`)