fc2ブログ

HG グレイズ 小改造製作レビュー

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

GRAZE_FESTA_1st_000.jpg
HG グレイズ』制作記です。
今日は脚部外装と胸部フレームの後ハメ加工していきますよ~(。・ω・。)ノ

ツイッター上のコンペ『第一回グレイズ祭』参加用に"HG特有の隙を無くしつつ、プロポーションを好みに近づけていく"程度の手を加えていこうと思います。
※前回制作した『南極6号G型』と共通する作業は記事を引用・編集して掲載します。

キットをブラッシュアップする感じなので、『HG グレイズ』のカテゴリーに振り分けておきますね。
-----
---
-



・脚部後ハメ加工
ANT_06_002.jpgANT_06_004.jpg
可動・分割ともに優秀な『HG グレイズ』で唯一ガッツリ合わせ目が露出してしまうのがこの脚部側面。
外にも内にもバックリ合わせ目が来るので、後部外装を切り離して後ハメ出来るように加工していきます。

1.後部外装の邪魔なモールドを削り落とす
2.後部外装を切り離す
3.本来の合わせ目を接着する
4.必要であればモールドを復活させる

と簡単なもの。
変に干渉する部分も、ノコが入り辛い場所もないのでお手軽な工法ですね。

使用したツールはシモムラアレック社(プラッツ?)のハイパーカットソー0.1 PRO-S※リンク先はPRO-SS

僅か0.1mm厚の鋸刃に0.3mmピッチの細かい刃が並ぶ高級モデリングソー。
これまでは0.3mm厚・0.6mmピッチの物を使っていたのですが……もう戻れそうにないです。


・胸部後ハメ加工
ANT_06_017.jpg
次は胸部フレームを後ハメ加工していきますね。

1.組み立てた状態で胸部側面から3mmドリルを使ってエイハブリアクターを削る
2.エイハブリアクター保持用ピンを切り落とす
3.バックパック取付基部の3mm軸を延長
4.胸部パーツの接着・整面
5.エイハブリアクターを差し込む

という流れですね。


・胸部後ハメ 完了
ANT_06_018.jpg
本来はそのままピンを切り取って後から接着するだけでいいのですが、接着位置がズレないようにブリッジを作りました。

エイハブリアクターを取り付けた状態で胸部側面の3mm穴から3mmドリルを使ってリアクターを削り、本来そこにハマるべき軸を3mmプラ棒で延長し反対側と接着してリアクター固定用のブリッジを作ります。
これで接着時にガイドとしての位置決めとグラつき防止になります。
※3mm軸には強度確保のため中心部に1mm穴を開けています

リアクター側面は塗装後の擦れを考慮してヤスっておきましょう。
パーツ組立用の3mm穴やピンをそのまま流用したりガイドにできるので楽な工作ですね。

プラモ・模型ブログランキング



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しょぼんぬ

Author:しょぼんぬ
長崎県在住の量産機大好きモデラー
模型サークル【チームちゃんぽん】のメンバー

職業:とある車校のジム(凸)

ガンプラレビューを中心としたブログです。
HGをメインに戦車やら何やら気になるキットを組んでいきます。
※12-6月の間は活動が鈍ります(´・ω・`)

またプレミアムバンダイとAmazonのアソシエイトとして、[また…失敗か…(´・ω・`)]は適格販売により収入を得ています。その収入でプラモやツールを購入してレビューを行います!

訪問者数
検索フォーム
カテゴリ
☆印のカテゴリには 製作レビューがあります
最新コメント
リンク
プレミアムバンダイ
logo_kon.png
QRコード
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
518位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
79位
アクセスランキングを見る>>
完成品
完成品置き場はこちら(´・ω・`) OHMwithNAUSICAA_banner.jpg TGPC_043_RA272_11_banner.jpg
広告枠
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

また…失敗か…(´・ω・`)