fc2ブログ

HGUC ジェスタ 小改造製作レビュー : その4 アーマー裏塞ぎと肉抜き穴埋め

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

RGM-96X_000.jpg
HGUC ジェスタ』制作記です。
今日は各部の肉抜き穴を埋めていきますよ~(。・ω・。)ノ

ジェスタは地味に肉抜き穴が多いので難儀しました…。
-----
---
-



・各部の肉抜き穴埋め
RGM_96X_024.jpg
アーマー裏は"いつものやり方"を用いてプラ板で塞いでいきました。
今回から型取りの際に"メンディングテープ"を使用するようになったので精度が上がり、作業時間も短縮できるようになりました♪

ジェスタのフロントアーマーは立体的な面構成なので、初めは下の方~スラスターの上くらいまでを0.5mmプラ板で塞ぎ、一段上がってる分を0.5mmプラ板*2で塞ぎ、はみ出た部分は切削・隙間は瞬着パテで埋めていきました。

リアもいつものやり方でプラ板で塞ぎ、"ベビーパウダーと瞬着パテを混ぜた物"で隙間を塞いでいきました。
サイドは穴を開けた0.5mmプラ板を貼り付けただけですね。サイドアーマーは薄っぺらく感じていたので一石二鳥でした。


RGM_96X_024b.jpg
各部関節の細かな穴や、アームの肉抜き穴は"ベビーパウダーと瞬着パテを混ぜた物"で埋めていきました。
段差が出来たりした部分は『光硬化パテ』を使用して作業時間を短縮しています。

瞬着パテは『ガイアノーツ 瞬間カラーパテ サーフェイサーグレー』を、ベビーパウダーは『ジョンソン ベビーパウダー』を使用して粘度の調整や嵩増し、切削性の調整を行っています。

瞬着パテ単体では硬化後に硬くなり過ぎてしまうのと、流動性が高く深い穴を埋める場合は使用量が増えるという特徴があるので、それをベビーパウダーという微粉末を加える事でマイルドにしていくイメージですね。
切削感はガリガリからサクサクに代わり、多少ではありますが高く盛れるようになりますよ~。

ベビーパウダーはエポパテ練る時とかにも使えるので、一つくらい持っていてもいいと思います♪


・アーマー裏モールド板の切り出し
RGM_96X_024c.jpg
上記の工程でアーマー裏の穴は塞いだんですが、そのままでは流石に味気なかったのでモールド板を貼り付ける事にしました。

穴塞ぎ用のプラ板をゲージに複製しておいた0.3mmプラ板を塗装後に貼り付けていく方向で進めていきます♪
こちらの方が塗り分けるより早くて楽なんですよね~(*´ω`*)

塗装後の接着には『タミヤ クラフトボンド』を使用しています。
ラッカー塗料を侵しませんし、乾燥前は濡らした綿棒で拭き取れますし、乾燥したら透明になるので後付けする時は重宝しています。


というわけで、地味にも程がある肉抜き穴埋めは終了!
時間がかかる割に、完成後目立たないのがネックなんですよね…。
組んだことない人からすれば「元からこうだったんでしょ?」ってリアクションになりますしね。

お次は楽しい楽しいスジボリ工程に入りますヽ(*゚∀゚*)ノ
商品リンクにはアフィリエイトリンクが含まれます。



関連記事

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

tag : ガンプラHGUC機動戦士ガンダムUCジェスタ制作小改造アーマー裏塞ぎ肉抜き穴埋め

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しょぼんぬ

Author:しょぼんぬ
長崎県在住の量産機大好きモデラー
模型サークル【チームちゃんぽん】のメンバー

職業:とある車校のジム(凸)

ガンプラレビューを中心としたブログです。
HGをメインに戦車やら何やら気になるキットを組んでいきます。
※12-6月の間は活動が鈍ります(´・ω・`)

またプレミアムバンダイとAmazonのアソシエイトとして、[また…失敗か…(´・ω・`)]は適格販売により収入を得ています。その収入でプラモやツールを購入してレビューを行います!

訪問者数
検索フォーム
カテゴリ
☆印のカテゴリには 製作レビューがあります
最新コメント
リンク
プレミアムバンダイ
logo_kon.png
QRコード
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
585位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
95位
アクセスランキングを見る>>
完成品
完成品置き場はこちら(´・ω・`) OHMwithNAUSICAA_banner.jpg TGPC_043_RA272_11_banner.jpg
広告枠
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

また…失敗か…(´・ω・`)